ウォーターサーバーの使い終わったボトルはどうなる?

ウォーターサーバーを見て思うことは?
使い終わったボトルはどうなるの?
ボトルの種類は、大きく2つに分けられます。
つまりワンウェイボトルとリターナブルボトルです。
ビンのリサイクル方法に似ていますね。
■ワンウェイボトル
ワンウェイとは、本来「一方通行」の意味です。
つまりそのボトルは使い終わったら使命を全うします。
基本的には廃棄されます。
例えば水が減るのと合わせてボトルも縮んでいくタイプがあります。
これは中に空気が入っていない!最も清潔な方法と考えることができます。
残量が明確だしコンパクトになるので嵩張らない?
ゴミが減量できるでしょう。
■リターナブルボトル
リターナブルとは、リターンできる?「返される」という意味です。
つまり使い終わったボトルは次回のボトル配送時に業者が回収してくれます。
なお回収されたボトルは、洗って消毒し、また利用されます。
もちろん十分に殺菌されているため安全性を心配する必要はないでしょう。
エコな製品であり、かつ値段が安くなる!メリットがあるようです。
■配送方法が違う
ワンウェイボトルは、宅配業者によって配送されるケースが多いでしょう。
つまり使い終わったボトルを回収する必要がないためです。
こちらは人件費を抑えることで、コスト削減が目指せます。
一方でリターナルボトルは、ウォーターサーバーの業者が配達、回収してくれます。
このケースでは、配送時にサーバーのメンテナンスをお願いできることもあります。
また疑問があった際には、直接尋ねることができます。
もちろん契約内容によって決まりますが、安心感はあるかもしれません。
■ライフスタイルに合わせて選ぶ
どのタイプが良いか?それぞれのライフスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。
日中仕事でいないなら、宅配業者に運んでもらえるタイプが合いそうです。
一方でサーバーのメンテナンスもお願いしたいなら?またエコライフがモットーなら?リターナブルタイプがおススメです。

関連記事