ウォーターサーバーのボトルは何故上にある?

素朴な疑問ですが、ウォーターサーバーのボトルは、何故、サーバーの上に置かれているのでしょうか?
もちろん重力によって水が降りてくる?単純な原理を利用しているのでしょう。
とはいえ危ないと思いませんか?
■ボトルが上にあることによるデメリット
ボトルを上に置くと?重心が上に移動するので、サーバーが不安定になります。
したがって転倒するリスクがあります。
第一に気を付けたいデメリットです。
また主婦や高齢者などは?重くてボトルの交換が大変!よく聞かれる苦情です。
つまり10Lの水は10kgの重さがあるからです。
毎日ではないので、運動不足の解消にもならない?筋肉痛になる?ウォーターサーバーを躊躇する理由でもあるようです。
■上に置くメリットはあるのか
もちろんボトルが上にあれば?放っておいても重力によって水が落ちてきます。
そのため後は蛇口を開くだけ!水がコップに溜まります。
非常に単純かつエネルギー的に節約できる仕組みであり理に適っています。
とはいえこのメリットは、総合的に考えてもメリットでいられるのでしょうか?
冷やしたり暖めたりしている?結局電気を使っています。
ならばポンプでくみ上げる?そんな工夫はできないのでしょうか?
■ボトルの下置きタイプがある
ニーズがあれば業者は応えます。
現在ではボトルを下に設置する下置きタイプも登場しています。
重いものが下にあれば?重心的に考えても、サーバー本体が倒れにくくなるでしょう。
もちろんボトルの交換も楽になります。
ちなみに家事の役割分担として、ボトル交換は旦那の仕事!とはいえ肝心な時ほど旦那はいない!迷言です。
■これを機会に換えてみる
当たり前ですが家庭の状況に応じて選ぶべきでしょう。
あえて上置きタイプ?今から変更できる?業者に尋ねてみましょう。
これを機会に水の種類も換えてみる?
現在はサーバーも含めて様々な種類から選べます。
契約内容にもよるでしょうが、気分によって変えられると嬉しいですね。

関連記事