ウォーターサーバーと菌

ウォーターサーバーは、いかにも、「きれいな水が飲めるもの」、「いつでもおいしい水が飲めるもの」のように思われがちです。
しかしこれ、実は大きな間違いなんです。
今回は、ウォーターサーバーを取り入れている家庭にも、そして取り入れようかどうか考えている家庭にも知っておいてほしい、「衛生上の注意」についてお話していきます。

<場合によっては水道水よりも汚いことさえ……>

ウォーターサーバーから供給される水は、ときには、水道水よりも汚い可能性があります。これは、麻生大学の古畑教授によって出された研究結果です。
rhtrst
教授は、「安全な水を飲むためには、機械の衛生管理は必須だ」としています。せっかくおいしい水を飲もうと思ってウォーターサーバーを取り入れたにも関わらず、その細菌の量が、水道水のそれよりも多い、ということになれば、これはゆゆしき自体だからです。

<手入れについて考えていこう>

ウォーターサーバーがなぜ汚くなり、細菌が増えるのか――――
それにはさまざまな理由があり、一概に言い切ることはできません。
ただ、細菌の温床となっているのは、
・水のボトルそのものの中身
・サーバー
の2つだと考えられています。
開封前には安全であったのに、開封して使っているうちに、細菌が繁殖してしまう可能性があるのです。特に、常温で保管していると、その繁殖スピードは増すと言われています。
やっかいなのは、この「菌」は、私たちの肉眼では見えない、ということです。虫などの異物ならすぐにおかしさに気づけますが、菌は目に見えず、結果として対策が遅れることもあります。
「菌はわくもの」という認識を持ったうえで、きちんと手入れをしていきたいものです。
nhhtssr
毎日美味しい水を飲みたい!子供に安全な水を飲ませたい!
かつての日本は、水と安全はただ!そう考えられていました。
しかし現在はどちらもお金を払って確保するもの?そんな風潮も一般的になっています。
そこで登場したのがウォーターサーバーです。
種類も豊富ですが、そもそもウォーターサーバーとは何でしょうか?

<ウォーターサーバーとは何か>

ウォーターサーバーとは、天然水や拘りの水を10L程度のボトルに詰めて、それを特別の台?いわゆるサーバーにセットし、そこから汲み出す装置です。
ほとんどのタイプは温水と冷水の双方を直接自由に得ることができます。
500mLや2Lなどのペットボトルを買うのは面倒?重くて運べない!そんなニーズから生まれた商品?システムでもあります。
契約の仕方にもよりますが、定期的に水を届けてくれる!
小さい子供がいたり高齢者の世帯では重宝するものです。

<水道水ではいけないのか?>

わざわざ何故ウォーターサーバーを利用するのでしょうか?水道水ではいけないのでしょうか?
例えば2011年に起きた東日本大震災!それに続く原発事故を教訓として、水道水は安全か?問われるようになりました。
もちろんその後、便乗商法によって紛い物のような商品も登場しました。
しかし現在では多くが淘汰され、安心できる会社の製品が残っています。
一方で日本の水道水は、世界でも稀に見る美味しくかつ安全な水です。蛇口から出る水を直接飲める!日本以外ではありえない光景です。
そのため海外の長期滞在経験者は水道水に違和感を覚える?否めない事実でしょう。
そんな理由からも、水サーバー安いへの期待があるようです。

<上手く使い分ける>

もちろん公共の水道代を支払った上で、ウォーターサーバーも契約する?上手く使い分けることが大切なのでしょう。
洗濯は水道水!口にする水はウォーターサーバー!では食器洗いには?
一方でお風呂にお酒や入浴剤を入れるように?将来はお風呂用のウォーターサーバー?時代は変わるかもしれません。